マスカラが似合わないのはまつげが原因でした

メイク用品

目をぱっちり大きく見せるためにはマスカラを使うのが一番だというのが一般的な意見です。
ですが私の場合、ばっちりとフルメイクをしていてもマスカラだけはやりません。

と言いますのも、マスカラが似合わないんです。
最初は私のメイクの仕方が下手なんだと思っていたのですが、
一度化粧品カウンターで販売員さんにメイクをして貰った時に理由が分かりました。

逆さまつげという事に加えて、まつげの量が少なかったんです。
自分ではこれが普通だと思っていたので、
販売員さんのアドバイスを聞いてからなるほど?と納得しました。

普通はビューラーを使うとまつげが上向きになるはずなのに、
私の場合はあまり綺麗に上向きになりません。

こうなるのは逆さまつげだからしょうがない事だと知って安心しました。
これはホットビューラーを使うと解決出来るだと教えて貰ったので、早速試しています。

まつげの量が少なくてマスカラ液が綺麗に均等にまつげにのらないのは、
つけまつげを装着すると良いそうです。

実際につけまつげを試してみると、ようやく普通の人並みなまつげの量になり、
綺麗にマスカラをぬる事ができました。


でも食べ物を扱う職場ではつけまつげは禁止されているので、
職場以外の時にしかつける事が出来ません。

本当は目がぱっちりになるようにマスカラやつけまつげを使ったアイメイクをしたいんですが、
こういう理由から普段はほとんどしていません。
自分のまつげで綺麗なアイメイクができる人がとても羨ましいです。