逆さまつげ:痛みもなく、怖くもない処置法があったらいいのに

ケアグッズ

私は逆さまつげです。
そのため、いつの頃からか、鼻よりの目じりのまつげを数ヶ月に1回、1、2本、カットしたり、抜いたりすることをかれこれ10年くらい続けています。
いい加減慣れただろうと言われそうですが、未だに怖いです。

怖いと思いながらしているので、手がぶれることがあります。
そうすると、抜くなりカットするなりする毛が本数が多くなり、目の周りの印象が変わってしまいます。

失敗したという想いが多分に影響しているのだと思いますが、
マスカラなどでどんなに上手にごまかそうとしても、目の印象が変わってしまいます。

逆さまつげを治す方法として、手術で治療する方法があることも知っています。
まつげパーマなども良いとも聞きます。

しかし、前者は手術をしても元に戻ってしまう場合もあると聞き、
後者はなぜか目の辺りを他の人に触れられるのは怖いという個人的な問題があって、挑戦できずにいます。

親族で逆さまつげの人は私だけです。
もう!どうして私だけと思ったりもしますが、
インターネットで調べると、結構、同じ悩みを持つ方がいます。
それぞれに対応していることを知ると、励まされて、私も頑張ろうと思います。

私がしているカットしたり、抜いたりする処置、危険も伴う処置ですが、
ネット情報では眼科でも行なわれている処置のようです。
痛みもなく、怖くもない処置法ができたらいいのになと常々思っています。

エマーキット